フィリピン2女性殺害、無期破棄し二審死刑 東京高裁

2010/10/8付
保存
共有
印刷
その他

1999年と2008年にフィリピン人女性2人を殺害し、遺体をバラバラにして捨てたなどとして、殺人や死体遺棄などの罪に問われた無職、野崎浩被告(51)の控訴審判決が8日、東京高裁であった。長岡哲次裁判長は08年の事件について「罪責は重大で死刑を選択するほかない」と述べ、無期懲役を言い渡した一審・東京地裁判決を破棄し、死刑を言い渡した。99年の事件は一審の懲役14年を支持、被告側控訴を棄却した。

野崎被告は99年の事件で死体遺棄・損壊罪での実刑判決が確定しており、刑法の規定で2つの事件の罪が併合されないため、主文が2つに分かれている。一審で死刑を求めた検察側と、一審の量刑は重すぎると主張する被告側の双方が控訴していた。

長岡裁判長は08年の事件についての判決理由で、遺体をバラバラにするなどの残忍な犯行様態に加え、被告が99年に起こしたのと同様の事件を再び起こしたことを指摘。「反省や悔悟の契機となるべき前科があることにかんがみると、罪責は誠に重大」と述べた。

一審判決は「かつては否認した99年の事件について、08年の事件の捜査段階で自白するなど、わずかな変化の兆しを見いだし得ないわけではない」として死刑を回避したが、長岡裁判長は「酌むことができる事情を集約しても、死刑を回避すべき事情としては不十分」と結論付けた。

刑事訴訟法は複数の主刑がある場合は重い刑から執行すると定めている。今回の判決が確定すれば、死刑が優先され、懲役刑は事実上科されないことになる。

判決によると、野崎被告は99年4月、横浜市内で当時交際していたヨネダ・エルダ・ロンガキットさん(当時27)の首に布団を押しつけて殺害。08年4月には東京・台場のマンションで同居していたカミオオサワ・ハニーフィット・ラティリアさん(当時22)の首を絞めて殺害し、遺体を切断して運河に捨てるなどした。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]