/

76%が「高校教育費不足」 育英会の母子世帯調査

あしなが育英会(東京)が奨学金を貸与している高校生遺児の母子世帯を対象に実施した調査で、76%が「教育費が不足している」と回答、2010年の40%、11年の65%から増えていることが8日、分かった。工藤長彦理事は「国は子どもの生活環境にもっと目を向けてほしい」と話している。

同会は11月末、873世帯にアンケートはがきを送り、318世帯が回答した。

同会によると、奨学金を申し込んだ母親の平均年間所得は、08年に約149万円だったのが、09年約137万円、10年約112万円と減り続けている。16日投開票の衆院選で関心のある項目は「社会保障」(18%)と最多で、「仕事・雇用」(17%)、「消費税」(15%)と続いた。

東京都世田谷区の女性(47)は「大学生の娘と高校生の息子がいるが、18歳になると遺族基礎年金が打ち切られてしまう。最も教育費がかかる時期に支援が減るのはつらい」と訴えた。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン