/

秋田公立美術大、予定通り入試を実施

秋田市の穂積志市長は8日、田中真紀子文部科学相がいったん新設を「不認可」と判断した秋田公立美術大について、文部科学省から認可決定の連絡があったことを明らかにし、同大の入学試験を予定通りの日程で実施すると表明した。

一方、今月12日からの予定だった推薦入試などの出願の受け付け開始は先延ばしする可能性があるという。秋田公立美術大に移行する秋田公立美術工芸短大の学生の募集は予定通り停止する。

また、秋田公立美術大で採用を内定していた教職員についてはあらためて意向を確認、採用する方針。

市長は田中文科相に対し「生徒に真摯におわびすべきだ。信頼関係が揺らいだ。文科行政のトップとして、言動にもう少し慎重であるべきだ」と述べた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン