/

グリーのゲーム利用者130万人データ改ざん

容疑の男逮捕

携帯電話向けゲームの利用者データを勝手に書き換え、ゲーム開発運営会社「サムザップ」(東京・渋谷)の業務を妨害したとして、警視庁サイバー犯罪対策課は8日までに、東京都豊島区池袋3、システムエンジニア、岩根健太郎容疑者(31)を電子計算機損壊等業務妨害と不正アクセス禁止法違反の疑いで逮捕した。

同課によると、岩根容疑者は今年3月まで同社で派遣社員として勤務。「能力や実績を認められなかったのでやった」と供述しているという。

逮捕容疑は今年5月1日未明、ゲームサーバーに不正アクセスした上、携帯交流サイト大手「グリー」の会員向けゲーム「コーデマニア」の利用者約130万人のデータを改ざんし、ゲーム会社の業務を妨害した疑い。

同容疑者は派遣終了前にあらかじめサーバー内に不正なコンピューターウイルスを保存し、不正アクセスの準備をしていたという。

改ざんにより、ゲーム内で使える仮想通貨が100倍に増えたり、キャラクターが全員最高レベルになったりしたため、同社は2日間ゲーム利用を停止。約1000万円の損害を受けた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン