/

無許可で薬販売容疑 警視庁、輸入代行業者ら逮捕

未承認の性的不能治療薬を無許可で販売したとして、警視庁生活環境課は8日、個人輸入代行会社「REX」(東京・千代田)社長、大久保昌哉容疑者(39)=東京都荒川区南千住3=や同社社員ら計5人を薬事法違反(医薬品の無許可販売など)の疑いで逮捕した。

同課によると、同社はバイアグラの薬効成分を含む医薬品をインドや中国から大量に輸入。ホームページ上の広告では「個人輸入を代行する」と説明していたが、実際には同社が直接販売していた。2008年6月~昨年11月にのべ約8000人に薬を違法販売し、約2億円を売り上げた。

逮捕容疑は09年10月~10年8月、埼玉県吉川市の無職男性(63)ら客10人に未承認の性的不能治療薬4種類を20万8100円で無許可販売したほか、倉庫などに販売目的で薬を貯蔵した疑い。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン