ヘイトスピーチ訴訟、高裁も賠償命令 在特会の控訴棄却

2014/7/8付
保存
共有
印刷
その他

ヘイトスピーチ(憎悪表現)と呼ばれる差別的発言の街宣活動を繰り返し授業を妨害したとして、学校法人京都朝鮮学園が「在日特権を許さない市民の会」(在特会)などを訴えた訴訟の控訴審判決で、大阪高裁(森宏司裁判長)は8日、学校の半径200メートル以内での街宣禁止と約1200万円の賠償を命じた一審判決を支持し、在特会側の控訴を棄却した。

人種や国籍などで差別するヘイトスピーチを巡る高裁判決は初めてで、法規…

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]