「復興に弾み」被災地でも五輪決定喜び 疑問の声も

2013/9/8付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東京での2020年五輪開催決定が決まった8日、東日本大震災の被災地でも喜びの声が上がった。東京の開催計画には様々な被災地支援策も盛り込まれており、被災者らは「復興に弾みを付けたい」と期待を寄せる。震災と東京電力福島第1原子力発電所事故から間もなく2年半。仮設住宅暮らしが続く人からは、被災者の生活支援を優先すべきだとの声も出た。

宮城県は、未来の五輪選手を育てようと、県内から選んだ小学生約100人…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]