/

この記事は会員限定です

寄生虫に有効なワクチン、琉球大が製造技術

[有料会員限定]

琉球大の新川武准教授の研究チームは、熱帯感染症のうちマラリアなど寄生虫に有効なワクチンの製造技術を開発した。抗原や免疫細胞を集めやすくする分子などをつなぎワクチンを3層構造とすることで体内の免疫細胞の働きを活発にし、寄生虫への抵抗力を高める。これまで寄生虫への有効なワクチンはなく、実用化できれば死亡率の高い熱帯感染症の予防が期待できるという。

開発した製造技術で作るワクチンは(1)抗原(2)体内の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り416文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン