加齢に伴い卵細胞の「コヒーシン」減少 出産に影響か

2014/5/8 11:11
保存
共有
印刷
その他

藤田保健衛生大(愛知県豊明市)の堤真紀子助教(分子遺伝学)らの研究チームは、女性の卵細胞内で染色体をつなぐタンパク質「コヒーシン」が加齢に伴って減少し、不妊や流産のほか、ダウン症など染色体異常がある子供の出生につながると8日、米科学誌電子版に発表した。

堤助教らは「コヒーシンの減少を防ぐ方法が開発されれば、将来、高齢妊娠での染色体異常のリスクを軽減できる可能性がある」と話している。

チームによると、19~49歳の女性8人から病気で摘出した卵巣の提供を受けて内部の卵細胞を調べると、個人差はあるものの高齢女性ほどコヒーシンが少なくなる傾向が見られた。

コヒーシンが少ないと排卵時に染色体が均等に分かれず、卵細胞に含まれる染色体数が通常より多くなったり、少なくなったりする。受精卵にも異常が生じ、流産の頻度が増えたりダウン症児が生まれたりするという。

チームは、不妊などの原因はコヒーシンだけではないとした上で「コヒーシンに関係する遺伝子を調べることで、染色体異常を起こしやすいかを判別可能になることも期待できる」としている。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]