/

東京、決選投票は60対36で圧勝 20年五輪

【ブエノスアイレス=江口博文】2020年夏季五輪の東京開催が決まった7日(日本時間8日)の国際オリンピック委員会(IOC)委員による決選投票で、東京の得票数は60票だった。イスタンブール(トルコ)は36票にとどまり、東京は過半数を大きく上回る圧勝だった。

1回目の投票で東京は1位通過したが、立候補した3都市のなかで過半数を獲得した都市はなかった。イスタンブールとマドリード(スペイン)が最少得票で同数で並んだため、どちらを落とすかを決める再投票の結果、イスタンブールが決選投票に進んだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン