/

市にうその説明、「アリバイ屋」を摘発

北海道警

住宅ローン詐欺事件をめぐり、融資先となった女について問い合わせた札幌市の税務担当者に「自分の会社で働いている」とうその説明をしたなどとして、北海道警は8日までに、東京都新宿区の会社社長、真子涼二容疑者(32)と新宿区の別会社の役員、藤田崇容疑者(33)を地方税法違反(虚偽答弁)容疑で逮捕した。

道警によると、2人は無職や勤務先を知られたくない利用者に架空の会社勤務を装うサービスをする「アリバイ屋」を運営。問い合わせに答えるアリバイ屋の行為が違法性を問われるのは、全国で初めてという。

逮捕容疑は共謀して2009年12月、札幌市の無職、鈴木史織容疑者(27)=詐欺容疑で逮捕=が実際は収入がないのに「年収800万円」とする偽の源泉徴収票を発行し、真子容疑者が同市の税務担当者にうその説明をした疑い。

道警は6日、10年1~4月、住宅ローン申請をして住宅金融支援機構から約5600万円をだまし取ったとして、詐欺容疑で鈴木容疑者ら5人を逮捕した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン