イカの「飛行能力」を確認 北大助教らが連続撮影

2013/2/7付
保存
共有
印刷
その他

海中からイカが飛び出す姿の連続撮影に北大助教らが成功。ひれなどを翼のように広げてバランスを保つ(2011年7月)=北海道大提供・共同

海中からイカが飛び出す姿の連続撮影に北大助教らが成功。ひれなどを翼のように広げてバランスを保つ(2011年7月)=北海道大提供・共同

北海道大北方生物圏フィールド科学センターの山本潤助教らのグループが海中からイカが飛び出す姿の連続撮影に成功。空中で加速、ひれなどを翼のように広げてバランスを保つ様子を確認し、一連の動作は「飛行」に当たるとの研究結果をまとめ、7日までにドイツの科学誌に発表した。連続撮影は世界初としている。

山本助教は「イカの驚異的な飛行能力が明らかになっただけでなく、空中で海鳥に捕食されている可能性も高まった」と指摘している。

研究グループによると、2011年7月、東京の東方沖約600キロでアカイカ科の小型のイカ約100匹が海中から飛び出す姿を撮影。それまでも筋肉が発達した外洋性のイカは、敵から逃げる際などに外側の膜に吸い込んだ水を噴射して飛び出すことが知られていた。

研究では、ひれの方を前にして海中から飛び出し、空中でも体内のじょうごのような部分から水を噴射して加速。ひれや腕、保護膜を広げてバランスを保ち、それらを畳んで着水していた。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]