/

山口組ナンバー2、再び収容

恐喝罪で昨年12月に起訴され、病気を理由に今年7月から勾留執行停止が認められていた暴力団山口組ナンバー2の弘道会会長、高山清司被告(64)の執行停止が7日、満了し、再び京都拘置所(京都市)に収容された。捜査関係者によると、高山被告は脊椎などに持病があり、7月から指定された京都市内の病院に入院していた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン