2020年五輪、東京開催が決定 56年ぶり
アジア初の2度目

2013/9/8付
共有
保存
印刷
その他

 【ブエノスアイレス=江口博文】2020年夏季五輪の開催都市を決める国際オリンピック委員会(IOC)総会がブエノスアイレスで開かれ、IOC委員の投票で7日(日本時間8日)、東京が選ばれた。1964年以来56年ぶりで、2回目の開催はアジアで初めてとなる。大会運営能力の高さや財政力、治安の良さなどが評価され、3都市による戦いを制した。

 20年五輪には東京のほか、マドリード(スペイン)、イスタンブール(トルコ)が立候補。1回目の投票で東京は1位通過し、イスタンブールとの決選投票で過半数を獲得した。7日午後5時(日本時間8日午前5時)すぎからIOCのジャック・ロゲ会長が発表した。

 72年札幌、98年長野の冬季大会を含めると日本で4回目の五輪となる。障害者スポーツのパラリンピック大会の東京開催も決まった。

東京が2020年夏季五輪の開催都市に決定した瞬間(7日、ブエノスアイレス)

東京が2020年夏季五輪の開催都市に決定した瞬間(7日、ブエノスアイレス)

 東京招致委がIOCに示した計画によると、20年東京五輪は7月24日に開会式を開き、8月9日まで(サッカーの1次リーグは開会式前にも実施)。計28競技を行う。東日本大震災からの復興を後押しするため、聖火リレーは東北の被災地を縦断するほか、サッカーは宮城県でも行う。

 東京の立候補は、リオデジャネイロ(ブラジル)開催が決まった16年大会に続き2回連続で、雪辱を果たした。「低コストの大会運営」を掲げたマドリードは3回連続、「イスラム圏初の開催」を目指したイスタンブールは5回目の挑戦だったが、ともに敗れた。

 東京は、16年大会の招致レースでは国内支持率の低迷やロビー活動の出遅れが響き惨敗。東日本大震災後の11年7月、当時の石原慎太郎都知事が20年大会への再挑戦を表明し、同年9月に東京招致委を立ち上げた。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

ジャック・ロゲ石原慎太郎IOC

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 13:42更新
9:41
東北 16:46
22日 20:18
関東 16:46
2:22
東京 18:34
15:28
信越 0:14
21日 2:00
東海 14:00
14:00
北陸 2:18
20日 21:30
関西 17:00
2:18
中国 22日 21:57
21日 2:00
四国 21日 1:31
21日 1:31
九州
沖縄
12:00
11:40

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報