職場のストレス検査、健診時に実施を 厚労省検討会

2010/9/7付
共有
保存
印刷
その他

 職場でのメンタルヘルス対策に関する厚生労働省の検討会は7日、定期健康診断に併せてストレス検査を行うことを企業に義務付け、うつ病など精神疾患をチェックするよう求める報告書をまとめた。不眠や食欲不振など自覚症状を調べ、検査を担当する医師が必要と判断すれば産業医が面接、配置転換などの対応を要するかどうか検討する。企業には労働者が必要以上に不利益な扱いを受けないよう、プライバシーに配慮を求める。

 同省は労働政策審議会(厚労相の諮問機関)の分科会で検討を進め、労働安全衛生法の改正が必要な場合は来年の通常国会への提出を目指す。早ければ2012年度にも実施する。

 職場での定期健診は労働安全衛生法に規定され、業務起因性のある職業病などへの対処を目的としている。新たなストレス検査は別の枠組みとして設けるが、定期健診に併せて実施することを想定。問診などで「食欲がない」「眠れない」や「ゆううつ」「イライラする」など、うつ病やストレス障害などの自覚症状を調べる。

 検査結果を確認し、必要と判断すれば産業医の面接を受ける。労働者のプライバシーに配慮し、症状の有無や医師との面接が必要かどうかなどは、事業者には伝えないことにした。

 産業医が勤務時間短縮や休業、配置換えなどが必要と判断すれば、労働者の同意を得たうえで事業者に意見を伝える。必要に応じ、労働者本人に専門的な医療機関での受診を促す。

 事業者側が解雇など不利益な扱いをするのを防ぐため、働き方の見直しを行う際は(1)医師の意見に基づく(2)あらかじめ労働者と話し合って了解を取る――ことを求めた。

 検討会は、同省の「自殺・うつ病等対策プロジェクトチーム」が今年5月、仕事上のストレスが原因で精神疾患にかかったり、自殺したりするケースが増えているとして、定期的なチェックが必要と提言したのを受け、議論を進めていた。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 23日 7:01
23日 7:00
東北 23日 7:00
23日 7:00
関東 23日 7:01
23日 7:00
東京 23日 7:01
23日 7:00
信越 23日 7:00
23日 7:00
東海 15:29
24日 21:30
北陸 23日 6:32
23日 6:25
関西 23日 6:32
23日 6:25
中国 23日 7:01
23日 7:01
四国 23日 7:02
23日 7:01
九州
沖縄
6:00
24日 6:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報