2018年1月20日(土)

物材機構、植物並み高効率の人工光合成材料を発見

2010/6/7付
保存
共有
印刷
その他

 物質・材料研究機構(茨城県つくば市)は、光合成反応の一種を、植物並みに高い効率で人工的に起こせる材料を発見した。リン酸銀と呼ばれる光触媒材料で、可視光を当てると水を分解し酸素を発生させる。太陽光で水素エネルギーを製造するなど、人工光合成技術の実現に向けて大きく前進したという。

 光触媒は光による化学反応を促すが、一般的な材料である二酸化チタンは紫外線にしか反応せず効率が悪い。リン酸銀を使うと反応の効率を示す数値が波長420ナノ(ナノは10億分の1)メートルの可視光で約90%と高いことが分かった。これまで知られている高性能材料では20%程度だった。植物の光合成は93%前後といわれる。

 光合成では水の分解で酸素、水素をそれぞれつくる2つの反応が連動する必要がある。新材料は酸素の部分を担う。水素の部分の材料とうまく組み合わせれば、燃料電池のエネルギー源となる水素の製造など人工光合成に応用できるという。

日経電子版が2月末まで無料!初割のお申し込みは1月31日まで!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報