/

脱会した女性にストーカー容疑 統一教会信者を逮捕

世界基督教統一神霊協会(統一教会)の元信者の女性(36)に付きまとったとして、警視庁公安部は7日、埼玉県越谷市大泊、同教団信者、宇佐美隆容疑者(42)をストーカー規制法違反の疑いで逮捕した。

同容疑者は任意段階の調べに対し、「ストーカー行為ではない」と供述したという。公安部は容疑を裏付けるため同日午前、同容疑者の自宅を家宅捜索し、パソコンやノートなど八十数点を押収した。

逮捕容疑は昨年6~11月、合同結婚式で知り合い、その後脱会した女性に対し、恋愛感情を充足させるため5回にわたり、都内の路上で付きまとったり、待ち伏せしたりした疑い。

公安部によると、女性が乗った車から全地球測位システム(GPS)機能が付いた同容疑者名義の携帯電話が発見された。公安部は女性の居場所を確認するため、同容疑者が設置したとみている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン