2018年8月21日(火)

「東海、東南海、南海」地震、日向灘連動ならM9も

2011/4/8付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 東海、東南海、南海の3つのプレート型地震が連動して起きると、宮崎県沖の日向灘でも地震が同時発生して巨大地震となる恐れがあることが7日、文部科学省の研究プロジェクトの成果でわかった。想定4地震の断層は長さ700キロに達し、マグニチュード(M)9クラスの巨大地震になる可能性もある。政府が策定中の3地震連動の対策も再検討を迫られそうだ。

 今回の東日本大震災ではM9.0の地震を引き起こした震源断層は長さ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報