/

「ウィニー」開発者の金子勇氏が死去 42歳

パソコンのファイル共有ソフト「ウィニー」開発者の金子勇(かねこ・いさむ)氏が6日、病気のため死去した。42歳だった。告別式は近親者のみで行う。

ウィニーをインターネット上に無料公開し、映画などの違法コピーを容易にしたとして著作権法違反ほう助の罪に問われ、2006年の一審・京都地裁で有罪判決を受けた。大阪高裁は09年に逆転無罪判決を言い渡し、11年に最高裁で確定した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン