2019年1月19日(土)

震災で曲がったアンテナ部分を交換 東京タワー改修

2012/4/7付
保存
共有
印刷
その他

東日本大震災の揺れで先端部が曲がった東京タワー(高さ333メートル)の改修工事で、地上約300メートル部分に足場を組む作業が進んでいる。

足場は高さ250メートルの特別展望台より上にあり、7日夕、ヘリコプターで近づくと、曲がった先端部分の向こうに、真っすぐにそびえる東京スカイツリー(高さ634メートル)が見えた。

東京タワーを運営する日本電波塔(東京)によると、先端部の約5メートルが東側に約2度傾いた。これを含むアンテナ部分約20メートルを撤去、交換する予定で、タワーは一時的に約310メートルになる。撤去部分を6等分にして下から"だるま落とし"の要領で取り除いて交換するといい、工事は年内いっぱいかかる予定。〔共同〕

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報