/

文科相、釈明に追われる 大学不認可で衆院委審議

衆院文部科学委員会は7日、田中真紀子文部科学相が来春の開学を予定していた3大学の新設を不認可にした問題を審議した。自民党など野党は、開設を「可」とした大学設置・学校法人審議会の答申を覆した田中文科相の判断を「裁量権の乱用だ」などと批判しており、撤回を求めて厳しく追及した。

自民党の下村博文氏は「3大学は現行の大学設置基準を満たしていた。不認可にした理由は何か」と追及。田中文科相は「現時点では不認可処分は行っておらず、説明不足で誤解を生んだ。新しいルールの下であれば認可の機会はある」と釈明に追われた。民主党の吉田統彦氏への答弁では「新しい基準はできるだけ早く作りたい」と述べた。

田中文科相は6日、大学設置認可の新たな審査基準を作り、3大学を改めて審査した上で認可の是非を決めると表明し、不認可にする方針を事実上撤回した。3大学は来春に開学できる可能性が出てきたが、現行基準に基づいて即時認可を求める姿勢を崩していない。

3大学は秋田公立美術大(秋田市)、札幌保健医療大(札幌市)、岡崎女子大(愛知県岡崎市)。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン