/

3大学新設不認可、見直しの必要性に言及 官房長官

藤村修官房長官は7日午前の衆院内閣委員会で、田中真紀子文部科学相が3大学の新設申請を不認可としたことについて「今年度はすでに様々の審査の経過があり、マラソンで言えば42キロぐらいに来たらゴールがなくなったような状態は困るのではないか」と語り、見直しの必要性に言及した。審査を担当する大学設置・学校法人審議会については「見直しが必要だ」と指摘した。

今後の対応に関しては「文科相のもとで政務三役らが検討して来週中には新しい認可の基準を決めると聞いている。その検討を待ちたい」と述べるにとどめた。公明党の高木美智代氏への答弁。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン