/

8日、東京都心も大雪の恐れ 気象庁が注意呼び掛け

気象庁は7日、発達する低気圧の影響で、8日にかけて西日本から東日本で次第に天気が崩れ、太平洋側の平野部を含む広い範囲で大雪の恐れがあるとして、積雪や路面の凍結による交通への影響に注意を呼び掛けた。関東甲信地方では8日未明から雪が降り始め、8日正午までの予想降雪量は東京23区で5センチ、多摩地域で10センチの見込み。

東京ではその後も積もり、8センチの積雪を記録して交通機関が混乱した昨年1月14日に匹敵する大雪になる可能性がある。

気象庁によると、前線を伴う低気圧が九州の南から四国沖を通過、発達しながら本州の南岸を北東に進むため、西日本は7日午後から8日にかけて雪が降り、東日本や東北地方は8日から9日にかけて大雪の恐れがある。8日正午までの予想降雪量は甲信地方では20センチ。積雪の多い所では雪崩への注意も必要という。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン