アフリカゾウ密猟・密輸急増 象牙目当て「絶滅も」

2013/3/7付
保存
共有
印刷
その他

日本を含めたアジア各国で高値で取引される象牙目当てのアフリカゾウの密猟と密輸がここ数年、急増傾向にあるとの報告書を国連環境計画(UNEP)や国際自然保護連合(IUCN)などのチームが7日までにまとめた。中国やタイなどでの需要が急増していることが背景にある。

チームは「アフリカゾウは生息地の破壊も深刻で、このままでは種の存続が脅かされる」と警告、バンコクで開催中のワシントン条約締約国会議で、関係国…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]