/

東京外大生、不正アクセスで59人分の成績盗み見

(更新)

東京外国語大(東京都府中市)は7日、国際社会学部の学生が、不正に取得した他人のIDとパスワードを使って学内のシステムに不正アクセスし、学生59人分の成績などを盗み見ていたと発表した。大学から10月下旬に相談を受けた警視庁が不正アクセス禁止法違反の疑いで捜査している。

大学によると、この学生は、IDとパスワードを入力すると自分の成績や講義の時間割などを見ることができる「学務情報システム」を偽装したフィッシングサイトを作成。

10月24~26日、偽サイトへの誘導メールを国際社会学部の学生ら222人に送信し、アクセスした学生のパスワードなどを入手、本人に成り済まして正規の学務情報システムにアクセスし、学期ごとの講義の成績(5段階評価)を盗み見た。

大学の調査に対し学生は「出来心でやってしまった。自分と比べてほかの学生の成績がどの程度なのか知りたかった」と話している。大学側は学生の名前や学年、性別を明らかにしていない。

立石博高学長は「今後、このようなことのないよう学生指導に努めていく」とコメントした。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン