筑波大、アレルギー抑制分子を発見
医薬品開発に期待

2010/6/7付
保存
共有
印刷
その他

筑波大の渋谷彰教授の研究グループは、アレルギー症状の発症を抑制する分子を発見した。この分子を持たないマウスは、花粉症やアトピーなどの症状を強く引き起こした。分子の働きを調整することで、アレルギー疾患を防ぐ医薬品の開発が期待される。研究成果は6日付の米科学誌「ネイチャーイムノロジー(電子版)」に掲載された。

アレルギー疾患では免疫細胞の一種である肥満細胞が過剰に働き、炎症を引き起こす。研究グループは、肥満細胞が炎症を引き起こす物質を放出する仕組みに着目。炎症が起きると肥満細胞内にできる新たな分子を見つけた。

同グループは発見した分子を「アラジン―1」と名付けた。アラジン―1を作る遺伝子を持たないマウスを作り、アレルギー反応を誘導したところ、通常のマウスと比べ2倍近いアレルギー症状を引き起こした。

実験から、アラジン―1が肥満細胞の活性化を抑制することを証明。アラジン―1の働きを強める薬剤を開発すれば、アレルギー反応を根本から抑えられる可能性があるとしている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]