/

早稲田大、博士論文280本対象に不正調査

小保方氏が学位取得の先進理工学研究科で

早稲田大は7日までに、新たな万能細胞「STAP細胞」を発表した理化学研究所の小保方晴子研究ユニットリーダーが所属した先進理工学研究科の全ての博士論文を対象に、盗用や捏造(ねつぞう)などの不正がないか調査を始めたと明らかにした。対象は約280本で、悪質な不正が確認されれば学位の取り消しも検討する。

早大によると、先進理工学研究科は2007年に設置された。小保方氏は同研究科に博士論文を提出し、11年に学位を取得した。小保方氏の博士論文に他人の文章の切り貼りが指摘されたが、ほかの学生の博士論文にも切り貼りが指摘され、先月から同研究科が調査を始めた。

早大によると、公共経営研究科が博士号を授与した男性の博士論文で盗用があったとして、博士号が取り消された例が13年にあったという。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン