/

大入り願い「まねき書き」 京都・南座の顔見世控え

「吉例顔見世興行」に出演する歌舞伎役者の名前を看板いっぱいに書き込む「まねき書き」(7日、京都市左京区)=共同

京都・南座の歳末の風物詩「吉例顔見世興行」を前に、出演する歌舞伎役者の名前を看板いっぱいに書き込む「まねき書き」が7日、京都市左京区の妙伝寺で始まった。

太く丸みを帯びた独特の書体は「勘亭流」と呼ばれ、「劇場に隙間なく客が入るように」との願いが込められている。看板は25日の「まねき上げ」で南座正面に飾られる。

公演は30日~12月26日。坂田藤十郎さんら人気役者が顔をそろえ、二代目市川猿翁さん、四代目市川猿之助さん、九代目市川中車さんの襲名披露も兼ねる。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン