2018年11月19日(月)

モーツァルトは高給取り? 酒で散財、研究で新人物像

2010/4/7付
保存
共有
印刷
その他

困窮のうちに世を去ったと伝えられるモーツァルト(1756~91年)は高給取りの浪費家だった――。各国のモーツァルト研究者でつくるグループが新たに発見した100以上の史料を分析、新説をまとめた。現在の通貨で15万ユーロ(約1900万円)相当の年収を得ながらも、酒などに散財していたという。オーストリアのメディアが6日伝えた。

モーツァルトは現在の同国ザルツブルク出身。グループはオーストリアやスイスなど各国の24人で、モーツァルトの晩年の10年間の家計などを5年がかりで調べた。

その結果、モーツァルトの年収は先輩として慕っていたオーストリアの作曲家ハイドンの2倍以上で、当時の大学教授の約15倍だった。モーツァルトは7つの部屋と厩舎を備えた快適なアパートで生活。貴族的なライフスタイルを好み、散財したという。

グループはモーツァルトが作曲活動や音楽のレッスンなどで得た収入と、衣装代から楽譜の購入費まで日常生活の支出を詳細に分析。モーツァルトが住むアパートに店を構えたワイン小売商の価格表も参考に「収入の17%を酒宴に費やした」とはじき出した。

ザルツブルクのモーツァルト研究者ギュンター・バウアー氏は地元メディアに「モーツァルトは従来知られていたよりも2倍は(経済的に)豊かだった」と説明。研究をまとめた著書を近く発表するという。

モーツァルトはウィーンで35歳の生涯を終えた。晩年は友人に借金を重ねたとされ、遺体は集団墓地に埋葬された。(ウィーン=共同)

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報