/

懐かしの菓子「シベリア」人気 映画「風立ちぬ」に登場

引退を発表した宮崎駿監督のアニメ映画「風立ちぬ」に登場した「シベリア」と呼ばれる懐かしいお菓子に人気が集まっている。1916年(大正5年)の創業以来の製法で作り続けている老舗パン屋「コテイベーカリー」(横浜市)には「映画を見て食べたくなった」と全国から注文が相次いでいる。

シベリアはようかんをカステラで挟んだお菓子で、コテイベーカリーの馬中俊夫店長(64)によると、明治末期から大正初めに製造が始まり、多くのパン屋で売られていた。名前の由来は、ようかんの部分が雪原を走るシベリア鉄道のように見えるなど諸説ある。

60年代ごろまでは身近なお菓子だったが、製造に手間がかかるなどの理由で、今では作るパン屋は少なくなった。

映画では、零式艦上戦闘機(ゼロ戦)の設計者で主人公の堀越二郎(1903~82年)が帰宅途中に購入、同僚と一緒に食べる場面があり、同店には注文が殺到。生産量を2~3倍に増やしたという馬中店長は「私もシベリアを作り続けるので、宮崎監督もアニメに関わり続けて」とエールを送った。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン