/

ボクシング村田選手、雄たけびでガッツボーズ 4強に喜び爆発

ボクシングの男子ミドル級の準々決勝。レフェリーが村田諒太選手(26)の左手を挙げて判定勝ちを告げると、村田選手は雄たけびを上げながら力強くガッツポーズし、4強入りを果たした喜びを爆発させた。

3位決定戦は行われないため銅メダル以上が確定した。

第1ラウンドは相手のトルコ人選手にポイントをリードされる展開。しかし第2ラウンドから相手の足が止まりかけると、村田選手のボディーが効果的に決まり始めた。第3ラウンドはスタミナ切れが目立つ相手を終始攻め続けて圧倒。逆転勝利を収めた。

試合終了のゴングが鳴ると、村田選手は勝利を確信して笑顔で両手を突き上げた。リングを降りても会場の声援に手を挙げて応えていた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン