/

脱法ハーブ使用か 東京・北区で交通事故、3人けが

5日午後11時45分ごろ、東京都北区の交差点で乗用車がミニバイクとタクシーに次々と衝突し、3人がけがをした。乗用車の車内からは脱法ハーブが入っていたとみられる袋や吸引パイプが見つかり、警視庁は運転していた30代の男性がハーブを使用していた可能性があるとみて調べている。

警視庁赤羽署によると、乗用車は赤信号で停車中に突然発進し、前にいたミニバイクやタクシーに衝突。その後反対車線を逆走し、ガードレールにぶつかって止まった。乗用車の男性のほか、ミニバイクの20代男性とタクシーの60代男性がけがをした。いずれも軽傷という。

男性は駆けつけた警官の問いかけに意識がもうろうとした様子で、病院に搬送される際も暴れるなどしたという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン