/

日本人の肉食化進む 「生活習慣病リスク高まる」

11年、厚労省が10年前と比較

2011年の厚生労働省の国民健康・栄養調査で、10年前と比べて日本人が魚や野菜を食べる量が減り、肉食が1割近く増えていることが分かった。厚労省は「野菜の摂取量が少ないと生活習慣病の発症リスクが高まる」としている。

厚労省によると、1日あたりの成人の生鮮食品の平均摂取量は、魚介類が10年前の2001年と比べて24%減の78.6グラム、果実類が17%減の110.3グラム、野菜類が6%減の277.4グラムだった。肉類は同9%増の80.7グラムだった。

年齢層別では野菜類や果実類、魚介類の摂取量は20~40代で少ない傾向がみられた。40代は魚介類の摂取量が10年前から4割近く減少していた。

世帯の年間収入別の摂取量では、200万円未満の世帯は600万円以上の世帯と比べて果実類が男女とも2割前後少なく、野菜類は男性で1割近く少なかった。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン