2019年1月20日(日)

今夏は猛暑の可能性低い 北極圏の気圧分析で
三重大グループ

2012/7/7付
保存
共有
印刷
その他

三重大大学院生物資源学研究科の立花義裕教授らのグループは今夏、日本列島が猛暑になる可能性が低いとする研究成果を発表した。北極を中心とする北半球の気圧分布の変化を分析し、猛暑だった2010年夏と比較した。

立花教授らは、北極を中心とした通常の気圧分布をモデル化し、それとの違いを数値で示す「北極振動指数」を使い、10年夏の猛暑のメカニズムを分析。その結果と今年の状況を比べた。

それによると、09年冬から10年夏にかけては北極圏の高気圧を取り巻くように、中緯度に低気圧が長く居座っていた。その結果、大西洋で上昇気流が起きて欧州に高気圧が発生。それを避けるためジェット気流が蛇行して日本列島も高気圧に覆われ、猛暑になったという。北極振動指数も大きくぶれた。

しかし昨年末からの気圧分布を調べたところ、09~10年とは異なり、指数はほぼ平均的な数値にとどまっていることが分かった。

猛暑のもう一つの要因とされるラニーニャ現象も起きておらず、「今年の夏は10年のような猛暑にはならないと見込まれる」(立花教授)としている。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報