/

北林谷栄さん死去 「日本一のおばあちゃん役」

「日本一のおばあちゃん役者」といわれ、舞台や映画、テレビなどで活躍した女優、北林谷栄(きたばやし・たにえ、本名=安藤令子=あんどう・れいこ)さんが4月27日午後8時40分、肺炎のため東京都世田谷区の病院で死去した。98歳だった。連絡先は劇団民芸。お別れの会を行うが日取りなどは未定。喪主は長男、河原朝生氏。

東京生まれ。1935年に創作座で初舞台を踏み、戦後、滝沢修や宇野重吉らと劇団民芸を創立した。主に老け役で個性を発揮した。

89年に大動脈瘤(りゅう)破裂で倒れたが、91年の映画「大誘拐」で復帰。舞台作品の脚色や演出も手がけた。主な舞台作品に「泰山木の木の下で」「タナトロジー」など。アニメ「となりのトトロ」ではおばあさんの声を演じた。78年紫綬褒章。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:
フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン