/

渥美東洋氏が死去 刑事法学者で中央大名誉教授

刑事法学者で中央大名誉教授の渥美東洋(あつみ・とうよう)氏が1月30日午後3時、虚血性心不全のため東京都内の病院で死去した。79歳だった。連絡先は教授を務めた京都産業大大学院法務研究科。告別式は近親者のみで行った。喪主は妻、蕗子(ふきこ)さん。

英米の弁護制度をはじめ、刑事法や犯罪予防などを幅広く研究し、警察大学校でも教えた。捜査の在り方や刑事裁判に対するコメントがメディアで多数取り上げられた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン