「最期も明るく」仲間ら追悼ミサ 安岡章太郎さんしのぶ

2013/4/6付
保存
共有
印刷
その他

1月26日に92歳で死去した、戦後日本文学の代表的作家、安岡章太郎さんの追悼ミサが6日、東京都世田谷区のカトリック上野毛教会であり、坂上弘さん、三浦朱門さんらゆかりの作家や出版関係者が故人をしのんだ。

安岡さんの娘で東大大学院教授の治子さんはあいさつで、安岡さんを介護し続けた日々を回顧。「苦労、屈託の多い人生だったが、父は…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]