/

俳優の佐藤慶さん死去 81歳

死去した俳優の佐藤慶さん=共同

映画やテレビドラマで個性的な役を演じた俳優の佐藤慶(さとう・けい、本名=慶之助=けいのすけ)氏が2日午後4時19分、肺炎のため東京都内の病院で死去していたことが6日、分かった。81歳だった。告別式は近親者のみで行った。喪主は長男、純氏。

福島県出身で1952年に俳優座養成所へ。59年に映画デビューし、大島渚監督の「太陽の墓場」「日本の夜と霧」「絞死刑」などの一連の作品に出演した。

60~70年代には、黒木和雄監督、新藤兼人監督らの作品や武智鉄二監督「白日夢」などの話題作にも多数出演。個性的な脇役として存在感を発揮した。

65年のNHK大河ドラマ「太閤記」などテレビドラマのほか、舞台でも活躍した。ドキュメンタリー番組のナレーターなども務めた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン