/

橋下市長、新党党首と兼職に意欲 「寝る時間割く」

大阪市の橋下徹市長は6日、地域政党「大阪維新の会」が国政政党化した際、市長と党首を兼ねる可能性について「役割分担をしっかりすれば(両立は)できる。プライベートを削り、寝る時間を割いてでも国政に充てればいい」と述べ、党首兼職に意欲を示した。

地方の代表である首長が国政政党の党首を兼ねることの是非について、橋下市長は「地方の政治家は国会議員の傘下という発想がおかしい。国会議員団と大阪府議団、市議団の3つを束ねるのが国会議員である必要はない」と強調。

国会での党首討論などの扱いについては「党首じゃなくても、国会議員団のリーダーが討論すればいい。状況によるんじゃないか」と述べた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン