/

この記事は会員限定です

刑事司法改革へ法相直轄の会議 可視化など抜本改正

[有料会員限定]

法務省は6日、取り調べの録音・録画(可視化)の法制化や新たな捜査手法の導入など刑事司法手続きの全体像を見直すため、外部の有識者による「刑事司法改革会議」(仮称)を今月中に立ち上げる方針を固めた。会議は江田五月法相の直轄とし、法曹関係者以外の参加も求めて20人前後で構成。検討結果に基づき、刑事訴訟法など関連法の抜本改正を図る。

改革会議は、大阪地検特捜部の捜査資料改ざん・隠蔽事件などを踏まえて「検察...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り494文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン