/

(おくやみ)上山春平氏が死去(元京都市立芸術大学長)

上山 春平氏(うえやま・しゅんぺい=元京都市立芸術大学長)3日、パーキンソン病のため死去、91歳。自宅は京都市右京区太秦垂箕山町8の11。告別式は近親者のみで行った。喪主は次女、あゆみさん。

専門は哲学。京都大文学部を卒業後、太平洋戦争に従軍。人間魚雷「回天」での出撃経験を持つ。戦後、同大学人文科学研究所教授、所長を経て名誉教授。国家や戦争、天皇制について論じた。京都国立博物館長も務めた。1994年、文化功労者。著書に「神々の体系」「空海」など。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン