/

トルーマン元米大統領の孫が黙とう 「核兵器禁止発信したい」

原爆投下を命じたトルーマン元米大統領の孫、クリフトン・トルーマン・ダニエルさん(55)が6日、広島市の平和記念式典に初めて参列し、黙とうをささげた。

式典後の記者会見で「亡くなった人たちの魂のことを考えていた。平和を促進すること、核兵器を禁止することを発信していきたい」とし、「大切な人を亡くした被爆者が、自分を歓待してくれて感謝している」と述べた。

来日は平和記念公園の「原爆の子の像」のモデルとなった佐々木禎子さんの兄、雅弘さん(71)の招きで実現した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン