2018年12月17日(月)

NPOへの就職、希望する若者が増加 多彩な活動で人気

2013/3/6付
保存
共有
印刷
その他

多彩な活動で存在感を増すNPOへの就職を希望する人たちが増えている。2月下旬に東京都千代田区の法政大市ケ谷キャンパスで開かれた合同説明会「NPOキャリアフォーラム東京2013」には、就職や転職を考える多くの学生や社会人らが集まった。

参加者は昨年の約350人から今回は約500人に。主催する「NPOサポートセンター」理事長の山岸秀雄・法政大教授は「特に東日本大震災以降、NPOの活動が注目され、仕事に社会貢献を求める若者が多くなっている。NPO側もいい人材を求めており、希望や条件を合わせる必要が高まっている」と話す。

国際協力や環境、福祉、教育などの分野から26のNPOが出展、活動内容を紹介し、質問にも答えた。NPOに興味はあるが、よく分からないという人向けのセミナーが開かれ、現役のNPOスタッフと語り合うテーブルも設けられた。

参加者からは「活動を詳しく知ることで、NPOで働きたいという気持ちが強まった」「ぜひ働きたいと思う団体を見つけた」「希望者が増えているのだから、説明会の規模をもっと拡大してほしい」といった感想や希望があった。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報