小沢元代表、起訴内容を全面否認 初公判

2011/10/6付
保存
共有
印刷
その他

資金管理団体「陸山会」の土地取引を巡り、政治資金規正法違反(虚偽記入)罪で強制起訴された民主党元代表、小沢一郎被告(69)の初公判が6日午前、東京地裁(大善文男裁判長)で始まった。土地の購入代金4億円などを政治資金収支報告書に記載しなかったとされる起訴内容について、小沢元代表は「(検察官役の)指定弁護士が話されたような事実はありません」と述べて全面的に否認し、無罪を主張した。

検察官役の指定弁護…

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]