2019年6月25日(火)

埼玉の女子刺傷容疑で高2逮捕 千葉・松戸も関与か

2011/12/6付
保存
共有
印刷
その他

埼玉県三郷市で中学3年の女子生徒(15)が切りつけられた事件で、県警は5日、同市に住む高校2年の少年(16)を殺人未遂容疑で逮捕した。少年は容疑を認め、千葉県松戸市で小学2年の女児(8)が腹部などを刺された事件への関与も認めているという。埼玉、千葉両県警は連続刺傷事件の疑いもあるとみて調べている。

少年は5日夕、三郷市内の路上でなたと折りたたみ式ナイフを所持していたところを埼玉県警に銃刀法違反容疑で現行犯逮捕された。県警によると、少年は「(凶器は)歩いている人を殺そうと思って持っていた」と供述。その後の調べに、三郷市の事件への関与を認める供述をしたという。

埼玉県警によると、逮捕された少年は三郷市内で家族と同居しているという。

逮捕容疑は11月18日午後5時40分ごろ、三郷市鷹野3の路上で下校途中の女子生徒のあごを刃物で刺し、重傷を負わせた疑い。

今月1日には、約2キロ離れた松戸市栄町西3の路上で、下校途中の小学2年の女児が男にナイフのようなもので右脇腹や背中など数カ所を刺され病院に搬送された。女児は「若い男が刃物を持って歩いてきた。逃げようとして転んだ後に刺された」と証言。2つの事件の現場が近いことなどから両県警が関連を調べていた。

埼玉県警によると、少年は千葉県柏市で刃物を持っているのを目撃された男について「自分ではない」と話している。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報