/

この記事は会員限定です

「懐かしの修学旅行地」 香川を再訪して 県、団塊世代集客へ

[有料会員限定]

昭和30~40年代に京都や奈良などに次いで修学旅行先として人気が高かった香川県。団塊の世代などを対象に、県の観光関係団体が「中学・高校時代の思い出の地をもう一度訪れて」と呼びかけている。大手旅行会社も「なつかしの修学旅行」と名付けて今夏から商品化する。

瀬戸内海に突き出し島々を望める屋島(高松市)、特別名勝の栗林公園(同)、こんぴらさんで親しまれる金刀比羅宮(香川県琴平町)――。香川県は昭和40年...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り485文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン