福島・双葉郡8町村が中高一貫校構想

2013/6/6付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東京電力福島第1原発のある福島県双葉郡の8町村の間で、復興に向けて郡内か周辺地域に中高一貫校を新設する構想が浮上している。海外留学コースなどを備えた魅力的な学校をつくり、子供のいる世帯に避難先からの帰還を促す狙い。町村側は2015年度にも開校したい考えで、国も財政支援などを検討している。

構想を打ち出したのは第1原発のある双葉、大熊両町に浪江、富岡、楢葉、広野、川内、葛尾を加えた8町村の教育長ら…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]