/

この記事は会員限定です

福島・双葉郡8町村が中高一貫校構想

[有料会員限定]

東京電力福島第1原発のある福島県双葉郡の8町村の間で、復興に向けて郡内か周辺地域に中高一貫校を新設する構想が浮上している。海外留学コースなどを備えた魅力的な学校をつくり、子供のいる世帯に避難先からの帰還を促す狙い。町村側は2015年度にも開校したい考えで、国も財政支援などを検討している。

構想を打ち出したのは第1原発のある双葉、大熊両町に浪江、富岡、楢葉、広野、川内、葛尾を加えた8町村の教育長らで...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り322文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン