「明日、ママがいない」 日テレ、養護施設団体に謝罪

2014/2/5付
保存
共有
印刷
その他

日本テレビの連続ドラマ「明日、ママがいない」の内容改善を求めていた全国児童養護施設協議会などは5日、東京都内で記者会見し、日テレから「視聴した子供たちが傷ついたなら、衷心よりおわびしたい」などとする回答書を受け取ったと発表した。同協議会の藤野興一会長は「一定の改善があると受け止めている」との見解を示した。

回答は「表現上留意すべき点などを慎重に確認しておく必要があった」とした上で「これまで以上に子供たちに配慮する」とした。日テレは内容を一部変更するとしているが、具体的な改善点は「ドラマという性質上、説明できない」という。

会見には「こうのとりのゆりかご」(赤ちゃんポスト)を設置する慈恵病院(熊本市)の蓮田健産婦人科部長も同席。蓮田部長は「今後の放送を見守るが、子供たちに影響が出れば日テレの責任は重い」と述べた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]