/

朝日新聞記者を逮捕 千葉、妻殴った疑い

千葉県警行徳署は5日、妻を殴ってけがをさせたとして、傷害の疑いで朝日新聞社国際編集部記者、永田篤史容疑者(35)=千葉市緑区おゆみ野中央1の25の14=を逮捕した。

逮捕容疑は、昨年12月31日午後4時ごろ、千葉県市川市の当時の自宅マンションで、同居していた妻(37)の顔を平手で殴りけがをさせた疑い。

同署によると「もめごとはあったが、殴っていない」と容疑を否認している。2人は事件後に別居し、妻が今年3月中旬に被害届を出した。

朝日新聞社広報部は「逮捕を重く受け止める。事実確認を急ぎ、厳正に対処する」とのコメントを出した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン