桜の開花、やや遅め 気象会社など予想

2014/3/5付
保存
共有
印刷
その他

日本気象協会(東京)や気象情報会社は5日、最新の桜の開花予想を発表した。3月に寒い日が続く影響で平年よりやや遅れる地域があるとみている。予想のばらつきはあるが、九州から関東の各地で記録的な早咲きだった昨年に比べると、かなり遅くなりそうだ。

気象協会は、満開の時期を関東甲信で平年より3~5日、東北と北海道で平年とほぼ同じか3~4日遅いと予想。九州から東海、北陸はほぼ平年並みで、東京や大阪の見ごろは4月初めごろになるとみている。

3月は寒気の影響を受ける日が多く、桜の成長が足踏みする。2月も低温が目立った関東甲信で開花が遅れる所が多くなり、4~5月に一時的に寒さが戻る影響で北海道と東北の一部でも遅れる所がある。

気象情報会社ライフビジネスウェザー(東京)の予想では、西日本で平年並み、東日本と北日本でやや遅い開花となり、九州から関東で4月の入学式のころに見ごろを迎える。ウェザーニューズ(千葉市)は、西日本から東日本で昨年より遅めとなり、東京都心周辺は3月下旬に開花のピークを迎えると予想。北日本では昨年よりかなり早めの開花になると予想している。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]